2016年3月17日木曜日

クラックビー玉の魅力

 どうも、ビーダマンは爆外伝よりもバトルビーダマン世代だった男、aokiです。

クラックビー玉というものをご存知でしょうか。
ビー玉にヒビを入れることにより、 透過する光を乱反射させるという、照明等のインテリア要素に使われる裏技です。
ヒビ割れることにより、見た目も不思議な魅力を持つことから、手作りアクセサリーとしても人気が高まっています。







ではこんなクラックビー玉をどうやって作るのか。
作り方は驚くほど簡単で、そして奇抜です。
カナヅチで地道にカンカンやる? そんな職人技も必要ありません。
答えはこちら。







使い古しのフライパンにビー玉を入れ、煙が出るほどアツアツになったビー玉を氷水に投入するだけ。
温度の急激な変化により、ヒビ割れが発生するという寸法です。
熱する側と冷やす側の温度の変化が大きいほどヒビ割れは発生しやすいので、怖がらず熱するのがコツみたいです。







光にかざしてみるとこの通り。
内部のヒビを乱反射して、なんとも言えない照明効果をもたらしてくれます。
色付き、模様付きはそれぞれ効果も違い、偶発的な要因とも言えるヒビの特徴と組み合わせることで、無限のバリエーションがあると言えます。
衝撃には脆いので、アクセサリーなどにする場合はトップコートなどの透明な保護剤を塗ることをお忘れなく。
子供の時以来ビー玉を触ったことのなかったあなた、今はこんなビー玉の使い方もあるみたいですよ、という記事でした。

おまけとして、 個人的に大好きなサイエンスチャンネルのザ・メイキングシリーズから、ビー玉ができるまでの動画をご紹介。丸い形状はこうやってできていたんですね。



以上、今週のaokiでした!






0 件のコメント :