2016年2月25日木曜日

これぞナニワの味!? 大阪風お好み焼きを作ってみた


どうも、何はなくても小麦粉だけはストックしている男、aokiです。


実家で食べてきたお好み焼きと言えば、水に溶いた小麦粉にキャベツを混ぜ込んで、豚肉を被せて焼く。上には青海苔とソース、マヨネーズ、そして鰹節。シンプルだけどそれがいい。
ところが最近、大阪の屋台でお好み焼きを美味そうに焼く動画を見てしまい、そういえばいわゆる本場のお好み焼きというものは食べてないなぁと思った次第です。

今回は安くて簡単、大阪人仕込みの屋台風お好み焼きにトライします。





まずは緩ーく水に溶いた小麦粉をフライパンに流し入れます。
クレープよりかは少し厚いくらい。
その上に鰹節、たっぷりのキャベツ、ベーコンを重ねます。





ベーコンが山なりにならないよう、キャベツはなるべく平らに乗せるのがコツです。
しばらく様子を見て、小麦粉の土台に軽く焼き目がついた頃を見計らい、ベーコンの上からさらに水溶き小麦粉を浴びせ、すぐにひっくり返します。



反対側にも小麦の層が出来上がりました。上からヘラで時々押さえつけながら、 中のキャベツにしっかりと熱が通るように蒸し焼きにしていきます。
これでもう8割は完成したようなもの。



屋台のお好み焼きは焼きそば容器に入れることを考え、ドドンと豪快に二つ折りになっていたりします。
半分こどころか、まさかの高さ2倍のボリューム!




お好み焼きを引き上げたら、あとはお好みで目玉焼きをトッピング!
最後にお好みソース、マヨネーズをしっかりと塗って完成です。



青海苔は買い忘れました。歯につかないから良しとします。
キャベツごと生地に練りこんでいたものと比べ、こちらは部分部分でパリパリとした食感の生地に、中からしんなりとしたキャベツの食感が後を追い、層構造のためか非常にボリュームを感じます。
半熟卵を割ると、味わいもまろやか。大満足の一品でした。

関東風のお好み焼きや広島焼きなど、場所場所でそれこそ好き勝手に「お好みで焼かれ」ているお好み焼きですが、それぞれの地方のレシピを参考にするのも面白いものですね。
そこまでお金もかからず、なおかつボリューミィ。
皆様も是非試してください。

以上、今週のaokiでした。




0 件のコメント :