2016年1月21日木曜日

熊本名物「辛子蓮根」を作ってみた

 どうも、好きなCoCo壱番屋の辛さは甘口。冒険しない男、aokiです。

最近熊本の郷土料理である辛子レンコンに対して、aokiの興味がむくむくとわき起こっております。
蓮根なんておせちか筑前煮くらいでしか口にしないaokiですが、この蓮根をメインとして食す郷土料理とはいかほどのものか。
蓮根の穴にぎゅうぎゅう煮詰まった辛子というのがなんとも面白かったので、これを作ってみようと思った次第です。
美味しんぼでも、シリーズ序盤にたびたび登場していた角丸幹事長の好物でした。シリーズ進につれて登場しなくなってきましたね。政治色は今の方が強い印象なのになんか不思議。


というわけで、作り方の紹介。
辛子蓮根自体、家庭によってオカラをまぜたり味噌を混ぜたりと中身の違う郷土料理の印象ですが、今回は白みそをベースとしたタイプで作ってみます。



まずは蓮根の皮を剥き、軽く茹で上げます。










茹でた後は、ペーパータオルなどを使って、余計な水を落としましょう。



詰める中身は 、辛子、味噌、みりん、パン粉を練ったもの。
辛いのが好きな人は辛子をたっぷりと効かせましょう。



あとはこれに蓮根をギュッギュと押し付ければ、反対側の穴から辛子味噌が飛び出してきます。表現はあれですが、なんだか粘土遊びをしていた頃を思い出して楽しいです。
穴以外の余計な味噌を取り除いたなら、これに小麦粉、卵を溶いた衣をつけて挙げれば辛子レンコンの完成です。




味わいとしては、白みそベースの穏やかな風味に辛子がプラスされ、おかずというよりもお酒のつまみという感じでした。
熊本ならば焼酎なんかに合うんでしょうね。
基本的に辛いのは得意ではないのですが、これは蓮根の食感と穴という限られたスペースの辛さの同居が心地よく、お酒が進む不思議な魅力の料理でした。
思ったよりも簡単に作れる料理ですが、本来は穴につめた後に、冷蔵庫で一晩置くと良いとのことです。
九州にはまったく縁のないaokiですが、作って楽しい、お酒も美味しい、いつか本場の味を楽しみたいと感じる郷土料理でした。

なお、美味しんぼと並ぶグルメ漫画「クッキングパパ」では、アレンジとして蓮根の穴に明太子をつめる辛子めんこんというのもありました。ご興味のある方は是非そちらもお試しください。

以上、今週のaokiでした。







0 件のコメント :