2015年10月8日木曜日

おもしろいweb漫画・小説作品まとめてみた


どうも、中学時代の将来の夢はラノベ作家だった男、aokiです。
10月からの秋アニメ楽しみですね。
個人的には一部で異様な盛り上がりを見せるワンパンマンに期待のかかるところですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワンパンマンは元々webでひっそりと公開されていた漫画がきっかけとなり、商業誌連載という経緯を経ています。

そこまで読み込んでいる訳ではありませんが、面白かったタイトル、話題となっているタイトルを少し挙げてみたいと思います。




戯画バイト

グータラだが異様に漫画のうまいフリーターと彼を振り回す女の子の話。
ほぼ毎話、突発的な彼女の要求と、それを基に生まれるシュールな漫画が描かれる。
話数は少ないがしっかりと完結しており、ちょっとした時間で最後まで楽しめる。





 THE PENISMAN

タイトルからしていきなり下ネタである。名作である。
現在も連載の続く不定期シリーズ。「東京喰種  トーキョーグール」の石田スイ氏の無名時代の作品でもある。
街に現れる悪と、それを倒す多種多様なヒーローの中で、主人公の造形がとにかくひどい。なのに話は比較的シリアスという不思議な魅力がある。万人受けはできないが、謎の中毒性があることも否めない。
話数が上がるにつれて驚異的なレベルで画力がアップしており、作者のファンはプロデビューまでの画風、作風への過程を楽しむことも出来るかもしれない。




奇異太郎少年の妖怪絵日記

霊が見える少年、奇異太郎と彼を取り巻く個性豊かな妖怪達の織り成すハートフルコメディ。web漫画ではあるが、コマ割りは一切なく、1ページごとに文章と1枚絵が挿入された変わった日記帳のような手法をとる。
アクの強い妖怪達と臆する事無く体当たりでぶつかる主人公の日常が面白く、何気なく開くと時間を忘れて読み進めてしまうほんわかとした日常系コミックとなっている。
書籍化もされており、個人的には密かにアニメ化を期待している作品。
読み終わった人は、兄弟作「奇異太郎の霊的な日常」もあるので是非。




師匠シリーズ

2ちゃんねるのスレッド「死ぬ程洒落にならないくらい怖い話を集めてみない?」にて、コテハン名「ウニ」氏によって10年以上前から発表され続けている一連の恐怖体験の総称。
主人公は基本大学時代のウニ氏本人であり、オカルトの師匠と仰ぐ人物との話が中心となるため、「師匠シリーズ」と呼ばれる。
既存のオカルト話への新解釈と狂気じみた霊へのアプローチは度胸試しの範疇を超えている事も多く、その中で判明する民族学的考察、人の悪意への言及など、他の怪談とは異なる独特の雰囲気を持っている。
シリーズ物ではあるが、基本時系列はシャッフルされており短編シリーズと言った方が正しい。断片的に起きた大きな出来事は補完されつつあるものの未だ謎のままの事件も多く、aokiを含め、定期的に新作をチェックする古参のファンも多い。
その密やかながらもカルト的な人気から、近年書籍化、コミカライズと続き、最近実写映画化が発表され、ファンを驚かせた。



簡単ではありますが、オススメどころは以上でしょうか。
これをきっかけとして、作品のファンの方が増えてくれれば嬉しいです。
以上、今週のaokiでした。






0 件のコメント :