2015年10月12日月曜日

Bitbucketを導入した

知ってる人は知ってるかもしれないが、このブログのPodcastはGitHubでホスティングしている。

GitHub

GitHubは便利で使いやすいし、なによりこの猫だかタコだかよくわからんキャラクタが可愛くて良い。
しかし、使いにくい点もある。
無料アカウントではリポジトリが公開されてしまうことだ。
いろいろな事情でリポジトリを公開したくないことも多いだろう。
そんな時の心強い味方がBitbucketだ。

Bitbucket

あいにく、キャラクタが微塵も可愛くないってか、なんだこのモンスターインクみたいな奴。
とにかく、Bitbucketは無料アカウントでも、リポジトリを非公開で作成することができる。
リポジトリへアクセスできるユーザ数で制限がかけられており、無料では5人までとなる。
筆者のように、自宅ではデスクトップで、出先ではラップトップでコードを弄りまわしたいだけの個人ユーザには十分であろう。
GitHubと同様にGitをベースとしているので、すでにGitを使っているならば学習コストもほぼない。
無料で Win/Mac/Linux向けのGUIツールも利用できる。
まあ、Gitなのでコマンド叩いたところで大したことないけど。。。
てかXcodeでもAndroidStudioでも、NetBeansでも、大抵のIDEには統合されてるけど。。。

0 件のコメント :