2015年9月30日水曜日

小布施堂の朱雀食べに行ってきた

どうも、酒飲みだけど甘党な男、山下です。
甘党で酒飲みというとなんか変な感じにみられることもあるんですがあれだよね、ウイスキーとチョコレートとか最高だよね。
まあそれは置いといて、前々から気になっていて食べてみたいなーと思っていた小布施の朱雀を食べに行ってきました。
新栗の時期に小布施堂本店で期間限定で売り出される朱雀は「栗の点心」と呼ばれる栗そのもののお菓子で、休日には朝6時ごろから行列ができてるといわれています。
僕が行ったのは平日の朝の7時30分くらいでしたが…うん、もうすでに数十人が行列作って並んでました。…あれ、今日は平日なのに…正直舐めてました。
まあ毎年この時期テレビでもしょっちゅう紹介されて日本全国からお客さんがくるほどなので朝早くから並んでたのもうなずけます。なんかテレビのインタビューで朝の2時だか3時から並んでるって答えてる人もいたみたいなので…
で、8時30分に整理券が配られ、早い人は9時ごろから食べられるようです。
僕が食べれるのは10時なので少してからいざ朱雀のもとへ…

 いやー見てくださいこのそうめん、上品な盛り方ですね。
これ全部栗です。うん、細かい、そしてでかい、普通のモンブランの3倍くらいはありそうです。
これだけで栗何個使ってるんだろう。
味のほうはなんかもうまさに栗! まごうことなく栗!! これ以上ないほど栗!!!
口当たりがとってもなめらかな栗です。というかこれ中に入ってる栗餡の部分以外はほんとに栗だけしか使ってないみたいなので秋の新栗の甘みを存分に楽しめます。ただし非常に口の中がパサッパサになるのでお茶必須です。
この栗餡も栗!!!!の味がものすごく強く非常に上品な味わいでした。 
1個1000円とちょっとお高めですがほんとに並んでまで食べてよかったと思えるお味でした。

で、小布施堂のレストラン、「傘風桜」にて「栗の点心」の朱雀ではなく。「モンブラン」の朱雀が食べれるみたいなのでそちらも行ってきました。
モンブラン朱雀も9時30分からの予約で、11時からの提供なので、小布施堂にて朱雀の整理券をもらってからすぐに傘風桜に行き台帳に名前を書いて予約します。この時にはまだ人が超少なかったので、予約も2番目になり11時からの提供開始直後に食べることができました。
うん、10時に馬鹿でかいスイーツを食べて11時にも馬鹿でかいスイーツを食べる。
これで僕も立派なスイーツ男子ですね。さあモンブランのほうは…


いやー見てくださいこのそうめん!上品なry
大きさは点心の朱雀と変わりませんね。うん、でかい 若干さっき食べた朱雀が吸収しきれてないけど大丈夫かな
じゃあさっそく一口…うん、超うめええええぇぇぇぇぇぇぇぇええええぇぇぇぇ!!
栗の風味と生クリームの甘さが絶妙にマッチしています。点心の朱雀同様非常に栗の味が強く、
ほ他の甘みに負けることなくしっかりと主張しています。うん、ちょううめええぇぇぇぇえええぇぇ!!
純粋に栗の味を楽しみたいのなら点心のほうの朱雀ですが、純粋にスイーツとして味わうならモンブランのほうですかね。というかどっちももうなんというか非常に美味です。
うん、これはぜひ一度食べておくべきですね。

ということでこの秋限定の朱雀、10月の中旬ぐらいまでやっているみたいなので皆様もぜひ一度お越しくださいませ。





0 件のコメント :