2015年7月27日月曜日

iPhone6 plusとiPad Air2にiOS9 betaを突っ込んでみた

6月のWWDCでIOS9のベータ版がリリースされた。

iOS9

ベータリリースなので、iOS開発者のみが利用できる。
筆者はこんなんでも一応プロのSEで、iOS開発者だ(なんのアプリもリリースしたことないけど)。
開発者登録料は年額13,000円ほどするので、無駄にならないよう、せっかくなので手持ちのiOSデバイスにiOS9を突っ込んでみた。

インストール手順とかあるけど、まあこんなもんインストールするのは開発者だけだから、詳しい手順は書かなくてもいいでしょう。

で、突っ込んでみた感想。

iPad Air2は画面分割を使ってみたかったんで、リリース直後に突っ込んだ。
画面分割は結構便利だが、とにかく不安定で落ちる。
OSごと落ちる。
あと意味不明な勢いで電池が減る。
スリープにしておいても一日で電池切れになる。
恐ろしい。
iPadなのに。。。

こんな調子だったんで、iPhone6 plusの方はしばし様子見し、beta3を突っ込んだ。
もちろん、iPadの方もbeta1 -> beta2 -> beta3と順当にアップデートした。
beta3ともなると、まあまあ安定してきて、バッテリの現象も落ち着いてきた。
ただ、まだまだ完全には程遠く、特になんらかのハードウェアを使うアプリはハードウェアを認識できない場合がままある。
(UP24がアプリから見つからなくて困ってる。。。)
OSごと落ちることもまだあるが、せいぜい1日1回程度だ。

やはり開発者向けのリリースだけあって、まだ普段使いには程遠い。
9月の正式リリースに期待だ。

0 件のコメント :