2015年7月22日水曜日

バケモノの子見たよ(ネタバレあり)

どうも、映画館で見る予告が大好きな山下です。
あの大スクリーンで予告を見るとあれだよね。つまんない映画でも面白そうに感じるよね

さて最近一年ぶりぐらいに映画館に行き映画を見てきました。
前に行ったのいつだっけ…あ、るろ剣の伝説の最後編見たんだ…
まあそんなことはさておき「バケモノの子」を見ました。

「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」で有名な細田監督の最新作です。
CMもバンバン流れてますね。
感想としては…うん、作画超きれいだしぬるぬる動くし音楽も良いし
ただ前半は良かったけど後半が詰め込み過ぎでなんだかよくわからない感じです。
主人公の九太君が成長するまでの過程は良かったです。父親代わりの熊徹の性格も
豪快で大雑把だけど根はやさしいみたいなテンプレみたいな良い父親ですし。
修行を通じて九太も熊徹も成長して絆が深まる感じは良かったですし。

で、後半…ようやくヒロインが登場しますが主人公に勉強を教えてるだけで正直いてもいなくてもどっちでもいい感じです。
主人公に惹かれた理由も「こんなに楽しそうに勉強する人初めて見たから」…進研ゼミ的な何かかな?
本当の父親が見つかったからって九年間も育ててくれた育ての親をあっさり捨てようとする九太君…あれ?親子愛がテーマじゃなかったの? 
あと前半でちょろっと出てた「人間の心の闇」が後半で出てきますが…結局人間の心の闇ってなんだったんだろう。
ていうか闇が発現した一郎彦よりヒロインのほうがよっぽど家庭環境に問題がありそうですが…
冒頭で九太君が拾った謎の生き物は結局なんだったんだろう…母親の生まれ変わり?

うん、前半は親子愛というか父性愛は伝わったけど後半は何を伝えたいのかいまいちよくわからない映画でした。
EDのミスチルは個人的に良かったです。





0 件のコメント :