2015年6月11日木曜日

初心者スポーツカー乗りがRX-8のタイヤ交換をするだけ

 どうも、ゲーセンの湾岸ミッドナイトでは深夜しか選ばない男、aokiです。

 暦の上では夏になり、いよいよ放っておいた冬タイヤを取り替えなければならなくなりました。
 基本休日しか運転しないエイト乗りのaokiですが、タイミングがいいのか悪いのか冬タイヤの空気漏れが発覚したので、タイヤの新調がてら、初心者スポーツカー乗りのタイヤ交換の様子をダラダラ報告してみる事にします。



 つーわけでタイヤ到着。
 冬タイヤはハンコックをホイール無しで購入するという痛恨のミスを犯したこともあり、
 今回はホイール付きタイヤを新中古品で購入。
 世の中には新中古といって、未使用ですが中古品として扱われる商品がありますが、gooパーツで頼んだら前日夜に発送完了メールが来て翌日昼に届きました。早いな! 

 

 ホイールはA−TECHのシュナイダー、タイヤはヴィツァーのフォーミュラZです。国産でそろえましたが、価格は4本で5万円ちょっとでした。RX-8の純正18インチに合わせ、タイヤ幅等の規格も特に冒険していません。


 

 個人的にシュナイダーのホイールはデザイン的にも好みで、aokiの中では奮発した方ですが後悔はありません。
 aokiの愛車カラーがブルーなのもあり、エンブレムの色がお揃いで似合うんじゃないかと思います。 



 自慢はこのくらいにして、冬タイヤの取り外しにかかります。
 L型レンチを噛ませますが、冬タイヤは業者に任せて機械締めだったので、このボルトがびっくりするほど固い。早くも諦めムードが流れますが、タイヤを積んで専門店に向かうのは体力的にも金銭的にも辛い。

 助けてGoogle先生!

 よくある質問: 固いボルトはどうやって外すしますか。
 模範解答:レンチの上に乗って全体中をかければ楽チンポンだよん。(向きは半時計周り)

 つーわけで乗りましたよ。噛ませたレンチの上に。
 上に片足で立ち、ぴょんぴょんと体重移動。端から見て間抜けですが効果はあるもんですね。なんとか緩みました。




 さて、ボルトを緩めたら次はジャッキアップ。タイヤが浮いたらボルトの取り外し。

 そのままタイヤを外しにかかりますが、なんとこちらもびくともしない。

 錆が車軸とホイールをくっつけてしまっているのか、引っ張っても動きません。

 

 

 もう一度・・・助けてGoogle先生!

 

 よくある質問:ホイールが外れねぇぞボケ!


 模範解答:蹴れ

 

 

 マジかよと思いましたが、別解答で浸透潤滑剤とか勧められて困っていたので試してみます。

 まさか愛車を蹴る日が来るとは思いませんでした。

 

 オラっ! とホイールを避けて蹴ったら一発で緩みました。結局ある程度は力技が正解なのか・・・

 

 

 

 続いて前側の取り外し。あぁ〜、L型レンチの上でぴょんぴょんするんじゃぁ〜。

 

 こうやって車軸をむき出しにしてみると、愛車の姿を前から後ろから観察したくなるのはaokiだけではないはず。

 

 こっちもタイヤが外れないので蹴っ飛ばしたりしましたが、前回が一発で外れたのにこっちはびくともせず、結局10発ほど蹴ってからボルトを外していないことに気付いて絶望しました。すまん愛車・・・

 

 

 よその人から見たら、これに近い光景だったのかな。モノにあたるのよくない。ダメ絶対。


 

 こういうのはだいたい一本目に手間取るだけで、あとはスイスイ作業が進むものです。

 ジャッキアップによる愛車の傾斜が面白かったので、記念にパシャリ。

 

 

 

 

 なんとか4本すべてを取り替える事ができました。

 青い車体にシュナイダーのロゴがgoo。


 

 スポーツカーなので傾斜の具合とか手順とかいろいろ考えてしまいましたが、基本的に他の車と同じでしたね。(本末転倒)

 おかげで良い汗かきました。外せないことにはどうなることかと思いましたが、やっぱり手作業で車をいじると愛着が増す気がします。

 

 タイヤ交換というか完全に愛車の惚気話な記事になった気がしますが、久々の車記事ということで勘弁してください。

 

 以上、今週のaokiでした。



 

 

 

0 件のコメント :