2015年6月25日木曜日

第11回ごんバル×第1回駅前バルに参加してみた!

 どうも、最近とあるスーパーでキャビアが売られているのを見た男、aokiです。
ちっさい缶の上に「たったの7,500円!」とか書いてあるとビビりますね。

ともあれ、今回は以前もご紹介したごんバルがまた開催されるとの事で、参加してきました。
おさらいですがごんバルとは、飲み屋の集中する権堂駅周辺の70以上の飲食店の中から、手持ちのチケットでこの日の為の料理+ドリンクメニューを飲み歩ける、街を挙げた飲みイベントのことです。
しかも今回は権堂エリアとは別に、長野駅リニューアルに伴って駅前の飲食店も多数出展する駅前バルを試験的に開催! 記念すべき第1回とのことで、今回は駅前を中心に飲み歩いてみました。






まずは駅前アゲインのすぐ傍、お好み焼き専門店「熱風-neppo-」です。ごんバルメニューはふわとろチーズ卵焼きと1ドリンク。もうね、擬音がたまらんのですよ。ふわとろ。聞いたら行きたくなるに決まってます。
1件目からかなりの盛況でした。



ドリンクメニューは店内の日本酒、梅酒、焼酎などから選べるとの事で、ここは鹿児島
の芋焼酎、森伊蔵をチョイス。初森伊蔵です。以前ブログメンバーの山下さんが絶賛していたので、飲んでみました。
ロックのせいか癖が少ないのに腰がある。口に含めばパッと広がる香りが爽やかで、確かに美味しいです。



というわけでこちらがメニューのふわとろチーズ卵焼き。鉄板で絶妙の火加減でくるくると巻いた卵へ、絶品のお好み焼きソースと青のりを散らした一品です。
口の中でとろける美味しさ! ソースがまたうまい! 森伊蔵で後を追えば、そこには至福のひとときが待っていました。そうそう、こういう新たなお店との出会いがごんバルの魅力だったことを思い出しました。


続いて二件目は道を挟んですぐ、ブックオフ近くの「おもてなしイタリアン 和伊ん」です。
こちらのごんバルメニューは、トリュフとフォアグラのクリーミーコロッケ+ハードシードルです。
毎回どこかしらのお店で高級食材を使ったメニューが登場するのがごんバルの魅力ですが、今回はこちらのお店での登場です。
濃厚なクリームコロッケの中には、細かく刻まれたトリュフの黒い欠片を発見できたものの、フォアグラ要素は食感の中からは見つけられませんでした。しかし濃厚で風味の良い、どっしりとした食べ応えのあるクリームコロッケでした。重たい味わいを受け止めた舌を、ピリッとした辛みを感じるハードシードル(リンゴのスパークリングワイン)が引き締めてくれて相性は抜群。最高の組み合わせでした。




3件目は前回も通った串揚げ専門店、「KUSHI SAKABA KEYAKI」です。前回と同じく特性の串揚げ5本+ハイボール1杯。二度浸け禁止の特性タレで頂きます。
カラリと揚がった、つくねや旬の野菜の串揚げとハイボールは、ごんバルの定番とも言うべきこのお店の組み合わせ。チケット1枚でガッツリ楽しめます。



4件目はパブのような雰囲気のダイニングバー、「Laffe DINER&BAR」です。
肉の旨味の詰まった、パッツパツの極太ソーセージが2本に、国際色豊かなビールが一つ付いてきます。
マスタードで頂くソーセージの食べ応えが抜群。気軽にちょっと一杯、おいしい料理とお酒を楽しむだけという、そんなパブの気楽さを体現したような雰囲気でとコースでした。





最後はさっぱりしたいものが食べたいという事で、ホテルチサングランド近くの居酒屋、「味な隠れ家たのしや哲」の鯛だしつゆしゃぶ+1ドリンクのメニューを。
鯛とタコをしゃぶしゃぶにして味わうのですが、これがさっぱりしていて胃にもやさしく染みていきます。
日本酒(銘柄忘れた)と味わうと、明日への活力が湧いてくるような素朴で奥深いメニューでした。


というわけで、今回のごんバル参加レビューでした。
駅前バルを中心として回りましたが、自宅からも近くて思わず手持ちのチケット(5枚)すべて回ってしまいました。こういう活性化イベントだから当然なのですが、平日の夜なのが唯一の難点。明日を気にしなければいくらでも飲んでいたいような素敵な一夜でした。
今回もごんバルを通じて素敵なお店をいくつも開拓できたので、また通常営業日に通ってみたいと思うあたり、見事に主催者の思惑に載せられてしまったようです。それでもいいかなと思えるのも、ごんバルの魅力なのですが。

次回の動向を気にしつつ、今回はこの辺で。
以上、 今週のaokiでした。

0 件のコメント :