2015年2月19日木曜日

ギター動画ジャンル「オタク系の弾いてみた」〜ジャンルの確立と歴史〜

 どうも、ギターはレスポール派の男、aokiです。

高校時代にエレキギターをちょろちょろと弾いていました。
この間準ブログメンバーの手塚さんがアコギを趣味として始めたのを見て、久しぶりに部屋のオブジェと化していたギターを弄ってみました。
埃を拭き上げ、錆び付いた弦を張り替え、アンプを通していざ演奏。昔は弾けていたのに、完全に感覚を取り戻すのはすこし時間がかかりそうです。

そもそも、当時の自分はなぜギターを始めたのだろうか・・・
振り返ってみると、ネット上で公開された演奏動画に感動したのがきっかけだったことを思い出します。思い厨二病の合併症も否めませんが……
時代は2004年ごろ。まだyoutubeもニコニコ動画も存在しなかったあの頃。
今では無数の動画が公開されている「弾いてみた」「演奏してみた」動画の世界ですが、その黎明期から現在までを、今回は簡単に振り返ってみたいと思います。


① 早すぎた天才、Karimonoの登場

2003年、当時のオタク系ギタリストたちの交流の場は、主に2ちゃんねるのスレッド内だった。
容量制限の中で動画を編集し、ギターのみならず打ち込みも自らで行い、画質と音質に悩みながらも耳コピに頼って動画を上げるという行程を想像するだけでも、オタク系ギタリストの熱意は並々ならないものであったことを伺わせる。
その当時、このスレッド上でファイナルファンタジーシリーズの音楽をギター演奏する男が表れ、人気を博した。知る人ぞ知るKarimono氏その人である。






ちなみにaokiがその存在を知ったのは、当時黄金期を迎えつつあったflash動画だった。
一人歩きした件の演奏動画がflash界に喧伝され、オタク文化にギター演奏という新たな一石を投じた頃である。
時代は2004年、「オンドゥルルラギッタンディスカ」が爆発的ブームを迎えるflash界隈の中でも、Karimonoの動画は一定数の人気を博していたように感じる。
個人的にギターを始めてみたのはそんな頃だった。



その後、Karimonoはエロゲーギャルゲー「AIR」の演奏動画をまとめたDVDや、初音ミク登場以前のボーカロイドソフトを使った創作活動などを行うが、2005年ごろから活動が途絶えていくことになる。


② 後継者、KURIKINTON FOXの台頭

 2005年になり、世界規模の巨大動画サイトYouTubeが開設すると、誰もが気軽に動画を公開できるようになったこともあり、演奏動画界隈も新たな風が吹くようになった。
 それは素人でも、世のマイナー動画を転載できることを意味し、良きにつけ悪しきにつけ、隠れた才能が世に発信されるきっかけとなった。
 そんな中で、高度な演奏技術を持つオタク系ギタリスト、KURIKINTON FOX(通称狐)の動画が本人サイトより転載され、その安定した技術に注目が集まる。




ファイナルファンタジーや聖剣伝説、ロマンシング・サガなどのRPG曲演奏、高い技術とkarimonoをインスパイアする発言などから、Karimonoの後継者として狐は迎えられるようになる。
当時、涼宮ハルヒのバンド曲、「God Knows」が高い人気を博していたこともあり、オタクとギターの融合は若年層のアニメ好きへも認知されるようになっていく。
2007年のニコニコ動画開設に伴い、認知度はさらに上昇。オタク曲を演奏する傍らで、オリジナル曲を立て続けに発表。正式にプロとしてCDデビューを果たすなど、オタク系ギタリストの評価を爆発的に高めた。





長くなりそうなので、今回はここまで。
今のジャンルの立役者として、この二人の功績は非常に大きいように感じる。
次回はニコニコ動画に場を移し、高い評価を持つ次世代の演奏者たちを紹介してみることにする。
指先の痛みに萎えそうになると、先人たちの演奏を聴いて原点に立ち帰り、練習あるのみだと感じる今日この頃である。



0 件のコメント :