2014年11月17日月曜日

ゆるゆるゲームRecommending Vol.9 探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件

おおよそ月一での連載を画策している本企画。
今回は秋の夜長にミステリを。

2005年にニンテンドーDSでリリースされたテキストアドヴェンチャーゲーム、「探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件」

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件

・タイトル:探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件
・発売元:元気
・プラットフォーム:ニンテンドーDS
・ジャンル:テキストアドヴェンチャー
・発売日:2005年3月
・リンク:Amazon

やたらと長いタイトルであるが、元は携帯電話のシリーズである。
唯一、コンシューマ機でリリースされたタイトルだ。
ちなみに読み仮名は、「たんてい・きぶかわりょうすけじけんたん かめんげんえいさつじんじけん」だ。
では、個人的な感想を記そう。

・シナリオ
テキストアドヴェンチャーの命のシナリオは、一本道でマルチエンディングではないが、ミステリとして良くできている。
必要な情報は全てユーザに提供されているが、ミスリードを誘う演出も多く、真相に途中で気づくことは難しい。
オンラインゲーム内でキャラクタが殺害される事件が発生し、同時刻に現実世界でも人が殺されてしまう。
主人公は探偵の助手と二人で真相を追う。
なお、タイトルになっている癸生川探偵は、ゲーム終盤までまともに登場しない。。。

・グラフィクス
キャラデザはデフォルメが強くコミカルだが、前述のシナリオはややホラーでかつスプラッタな描写もあるため、
ややシュールな印象を受ける。


・音楽
個人的にはテーマ曲が好きだよ!

・総評
はっきり言ってマイナー作品であり、実際販売数も振るわなかった。
携帯電話のシリーズも、新作は久しくリリースされていないが、
過去作品がAndroidアプリとしてリリースされているので、プレイすることができる。
(なお、同シリーズには「仮面幻想殺人事件」という作品があり、本作と混同されることがあるが、シナリオに関連はない)
それでも、この作品は非常によく出来ており、ミステリ好きなら万人におすすめしたい。
そんな一本である。

0 件のコメント :