2014年10月22日水曜日

るろうに剣心 伝説の最期編(ネタバレ)

最近いいかんげん部屋が汚すぎて本気で掃除しようかなと思ってる僕です。
掃除というか整理整頓ですね。
漫画とゲームの置き場所がなくて本気でどうしような状態です。


まあそんなことはさておきようやく「るろうに剣心 伝説の最後編」
を見てきました。

前作、前前作に続いて豪華出演者の演技と迫力の殺陣で、
映画としては本当に面白かったです。
るろ剣としては、まあ、色んな意味で面白かったです。





なんていうかまず福山師匠がカッコイイですね。時々何言ってるかわからない
シーンも有りますが…
ただ師匠ってもっとおちゃらけた性格だった気が…まあそこは福山雅治のオーラ的な
ものでどうでも良くなりました。
ただこれだけは言いたい
いくら師匠でもそこらに落ちてそうなの木の棒で逆刃刀と打ち合いはできないと思う

殺陣のシーンは本当にかっこよかったです
醍醐味の集団戦はもちろん
対師匠、対青紫、対宗次郎、対志々雄、対安慈と個人戦も盛りだくさんで
ものすごい迫力です。
まあ安慈戦は…うん… と言うか一作目もそうだけど左之助の戦闘シーン
をギャグにする必要はないと思うんだ…原作じゃもっと信念があって
カッコイイやつなんだけどなぁ…

あ、最後の志々雄戦はもはやどっちが悪者かわからない構図でしたね
まあ原作でも異様な打たれ強さと強さを誇ってた志々雄様でしたが…
さすがに主人公側四人で向かってくのはどうかと思うんだ
個人的にはやっぱり剣心と志々雄の一対一の勝負が見たかったです。
アレじゃ志々雄役の藤原竜也の声が迫真の演技すぎて志々雄様がリンチされてる
みたいな構図に見えます。
あ、ちゃんと紅蓮腕っぽい技をやったところや由美を刺すところ、最後の燃えながら高笑いは
感動しました。
なんか志々雄が一番原作に近かったように感じます。

あ、十本刀なんてものは存在しませんでした。
何か似てる人たちがいましたがきっと気のせいです。
零式じゃない普通の牙突を防げもしないで一発で死ぬ心眼(笑)の宇水さんなんて知りません。
きっと幻だったのでしょう。

うん、本当に面白い映画でした。おそらくDVD買うと思います。



0 件のコメント :