2014年9月11日木曜日

残暑を乗り切れ! 自家製ミントで作るモヒート!

 どうも、好きな東方ボス曲はストロベリー・クライシス。aokiです。

 9月に入りましたー。
 どっこい、長野市はまだまだ暑いです。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。

 お盆に実家に帰った際、庭に生えているペパーミントを少しもらってきました。
 特に親が趣味で育てていた訳ではありません。ある日突然我が家の庭の一画を占領してきて今に至る、さながらペパーミントクライシスとでも言うべき侵略者の子孫どもです。
 とはいえ用途が全くない訳ではなく、観賞用に料理用にと、我が家では何かと重宝している植物だったりします。

 今回はこのミントをベランダで育てて、かの小説家ヘミングウェイも愛したカクテル 「モヒート」を作ってみたいと思います。
 一杯換算でミントの葉20枚程度が必要となりますが、はてさていつまでかかることやら……
 



8月24日
あらかじめ根を水に浸けておいたミントを土に植えてから3日後。
葉の成長にともない、早速小さな芽も出てきました。
思い出し程度に水をやりつつ 、さらに成長を待ちます。





〜約一週間後〜







9月2日
なんと言うか、予想以上の順調な成長ぶりです。
ぐんぐんと枝葉がのびて、順調な成長を遂げました。



香りが良いのか、やたら蝶が留まります。
その他虫食いなどもありますが、
それを上回るスピードで成長するのがミントのすごいところ。
これで1杯分のモヒートは作れるでしょう。





まずはグラスに摘み取ったミントの葉を入れます。
後の成長のことを考え、茎はなるべく入れず、葉のみを入れるようにします。


そこにガムシロップを入れ、
すりこぎで適度につぶしてミントの香りを移します。
そこにラム45ML、ライムジュース15MLを入れ、
ソーダを加えればモヒートの完成です。






摘みたてミントのモヒート、完成!



 茎ごと植え替えたとはいえ、まさかこんなに早く飲めるとは思いませんでした。ミントの成長、恐るべし。
 味の方ですが、摘みたてミントのみを使用しているため、市販のモヒートドリンクに比べ、薬臭さのない自然な清涼感が楽しめます。念入りに潰しすぎたせいか苦みも感じますので、そういうのが嫌いな人は軽く潰す程度で良いでしょう。

 
 以上、今週のaokiのカクテルブログでした。
 まだまだ暑い中ではありますが、あなたもベランダで育てたミントで、少しリッチなモヒートでもいかがですか?

 
 


0 件のコメント :