2014年7月21日月曜日

LG G Watchレビュー

以前に掲載した記事でサラッと触れていたように、LG G Watchを購入した。
手元に届いてからそろそろ2週間ほど経つので、使用感をレビューしようと思う。

LG G Watch

メーカーは韓国のLG電子、OSはこの夏最もHOTなAndroid Wearである。
カラーはブラックとホワイトの2色。
純正のシリコーン製バンドはウンコみたいだが、幸い交換可能である。
公式サイトはこちら
購入はこちらから。




感想としては、「所詮はスマートフォンのサブディスプレイである」の一言に尽きる。
これを買ったからといって、ユーザはなんら新しいことができるようになるわけではない。
ただ、天気予報やメール、LINEメッセージなどを腕時計で見られるようになるだけである。
音声コマンドの精度はまずまず高いが、そもそも時計に向かって話しかける不審人物になる覚悟が必要である。
メールやSMSは、腕時計からそのまま音声入力で返信できるが、不自然なのは電話だ。
電話が来ると腕時計に通知がきて、そのまま腕時計で電話を取る操作が可能だが、実際に電話がつながるのはスマートフォンである。
これは腕時計にスピーカが搭載されていないため、昔の特撮のように腕時計で通話できないためである。
だったらまだGalaxy Gearのほうがスマートじゃないか?
Gear2ならカメラもついてるし。(まあ、値段が1万円以上違うけど。。。)

基本的に腕時計からスマートフォンへの能動的な支持は難しく、基本的にはGoogle Nowと通知を見るためのデバイスである。
結果として、その使い勝手は腕時計自体の性能よりも、Google Nowの性能に左右されるように思う。
現状、日本ではGoogle Nowはまだまだ半人前である。
「OK Google」にもつい最近対応したばかりだ。
Google Nowのコンセプトは素晴らしいと思うので、その飛躍には大いに期待している。


0 件のコメント :