2014年5月15日木曜日

賃貸だけどバーカウンター置くよ!

どうも、二か月ぶりに部屋の掃除をしたら、カツラができるんじゃないかってくらいクイックルワイパーに髪の毛が絡んだaokiです。

最近怠惰ですね、気を引き締めねば……

去年から一人暮らしを始めた僕ですが、その部屋の選定基準としては設備よりも、むしろ広さを選びました。

前々から構想していたホームバーを作るという目標があったからです。

コンセプトは、「貧乏人だけど見た目はそれっぽく」
演劇生活で身に付けた「あ~~、っぽいね、それ」という、間に合わせあり合わせ技術を駆使して、自己満足100%の部屋改造の模様をお届けしたいと思います。







 


さて、こちらはオークションで25Kで落としましたバーカウンターになります。
色は黒です。周りの家具が黒系統ですので、合わせてみました。
座れて二人の小さなカウンターですが、ホームバーにはこんぐらいがいいでしょう。第一でかくても邪魔なだけですし。






  別のオークションで落としたバーチェアを置いたのがこちら。
やっぱり二脚が限度ですね。








これでカウンターと椅子が用意できました。
ホームバーの完成にはあと少しです。
こじんまりとした穴場Barっぽく、雰囲気を出すために照明を設置していきます。
しかしながら、賃貸ということもあり、壁に穴はご法度です。
とはいえ天井からぶら下がるあの照明がなければ、Barにはならない……。
考えた結果、aokiは無理やりそれっぽい演出を施すことにしました。










こちらはニトリで買いました特殊な棒です。
 仮に名前を「突っ張りくん」と名付けておきましょう。
どういう意味で特殊なのかと言いますと、
両側に内蔵されておりますバネの力で、壁と壁の間を
突っ張って固定する棒なのです。











天井を見るとこんな感じ。
特殊な工具も穴も開けずに固定が出来ました。
横から引っ張ってもびくともしません。













 こちらに、ホームセンターで買った部屋横と同じ長さの物干し竿を通します。
本当は突っ張りくんの横渡し用の棒もあったのですが、長さが足りなかったので長くて安価な物干し竿で代用したわけです。









こちらに、例の如くニトリで購入したルームライトを二つ取り付けます。
クリップですので、好きな位置に調整ができます。
伸びるコードは物干し竿に這わせ、延長コードで下まで持って行って隠します。








ちなみに酒瓶は、バーカウンターの向こうのタンスの上に並べてみました。
別のクリップライトで照らしてみるまぁそれっぽくはなりましたね。
なお、この酒棚と化したタンスは、それっぽくなるように扉を取っ払ってしまいました。
部屋を引き払う際には、もう一度取り付けなければなりませんが、それでも部屋改造のためなら仕方なし……。




















 完成!





















出来上がってみると、配線など細かな点が気になりますが、それっぽくなりました。
酒瓶も眺めて飲めるし、ホームバーとしての機能は十分に満たしております。
賃貸だろうと、工夫と根性でホームバーの完成です!






オープン記念一号には、カクテル「ジン・リッキー」を。ジャズを聴きながらの一杯が最高です。

これでカクテルネタを提供できるスペースが整いました。またお酒ネタでブログを発信していければと思います。

以上、今週のaokiでした。
皆様も、素敵なお部屋改造ライフを!
もちろん、賃貸ルールに乗っ取って、ですが。





0 件のコメント :