2014年4月17日木曜日

豚骨ラーメンにちょい足し! 自家製黒マー油を作る!

大学にいた頃は、ラーメン食いてぇなと思えば一風堂に入り浸っていた覚えがあるaokiは、ラーメンと言えば豚骨派の男だと自負している。
長野市のラーメン店も、やれあれがうまい、これがうまいと紹介されるまま昼休みの度に先輩方にくっついていったものだが、豚骨ラーメンの出店が少ないことに少なからず落胆を覚えたものである。

先日、久方ぶりに「ラーメン食いてぇな病」が発症したaokiは、行きつけのスーパーで勢いのままにラ王の豚骨味5食入りパックを籠にぶち込んだ。
インスタントラーメンは高級品と考えるaokiだが、この時は久方ぶりの発症もあって欲望に忠実だった。
レジに向かう間、エメラルド色のパッケージをうっとりと眺めて、少しも後悔など感じなかった。
しかし、封入されているスープの内容を読んでみて、はてと首をかしげる。
入っているのは、豚骨風味を醸し出す粉末スープと、あのこってりとしたギトギト油(褒め言葉)の封入された液体スープの二種類のみ。
これだけで豚骨ラーメンを食すには、何かが足りない。
こっちにはチャーシュー代わりの豚肉もある、ネギもある、煮玉子だって作れるだろう。
何だ、何が足りない……。

頭に去来するのは、一風堂で食べたラーメンの姿だった。
そうだ、マー油だ。マー油が足りないのだ。



 一風堂のラーメンに常に浮いていた、あの漆黒のマー油が足りないのだ。
初めてあの黒い油を麺にからめてすすった時、この旨さの凝縮された油はなんだと目をむいたのを思い出す。
後に焦がしニンニク油と呼ばれていることを知ったのは、一人暮らしで本格的に料理を始めた頃だった。

あれがなければ 、豚骨ラーメンじゃない。

もはや意地のように、ひと手間二手間かかろうとうまい豚骨ラーメンを食べることしか頭になくなったaokiは、レジを背に材料確保に向かうのだった。


……というわけで、今回は豚骨ラーメンの命・マー油を作ります。





 材料は基本のニンニクをベースに、長ネギ、玉ねぎを使います。
まずはこれらを荒くみじん切りに。細かすぎてもいけません。










これらをサラダ油・ごま油で浸るくらい入れたら、弱火でじっくりと炒めます。
炒めるというか揚げるの方が近いイメージですね。
ちなみにピンクの物体は、チャーシュー用の豚肉の脂身です。これも風味をより豚骨にマッチさせる要素です。





 色が変わってきたら、薄茶色、茶色、黒のそれぞれの焦げ色具合でなべから引き上げます。
全部焦がすと風味が出ないし、軽く火が通った状態だと甘いだけのネギ油になってしまいますので、3つの配合には気を使うところです。












 油から引き上げた葱を、すり鉢で潰して……










        

      潰して……




 






 このぐらいのペースト状になるまで潰します。
 匂いを嗅いでみると、ニンニクベースの食欲をそそる香りがぷんぷんします。
 正直、この為にすり鉢とすりこぎを買いましたが、ラーメン含めた材料代より高くついた気がする……

 


  何はともあれ、これを先ほどの油に戻してなじませれば、自家製マー油の完成!






 最後はラ王を固麺になるように茹でて、スープを注ぎ、自家製マー油と脂身用に使った肉のチャーシュー、ネギ、ついでに煮玉子も乗せて……




                               aoki特製、豚骨ラーメン!     


 スーパーから帰ってきて2時間が経過しようとしてましたが、これにて完成です。
 
 ちょい足しにしては少し手間がかかりましたが、我ながらこの圧巻な姿を見ると満足です。

 それではさっそく……







 
 

                       おあがりよ! 

 

 

うまっ! うまっ! うまっ!
 もうなんというか、それしか言えません。
 マー油を絡めて麺をすすると、こってりとしていながらも奥深いニンニクとネギの風味が口の中に広がります。単体で味見したときはただの苦い油だったのに!
 マー油を加えることで、全体的にどっしりと風味とコクが増した豚骨ラーメンになりました。
 これにはaokiも大満足。
 あまりのうまさに、あれよあれよと替え玉まで投入してむさぼり食い、予想をはるかに上回るマー油効果に改めて豚骨ラーメンとマー油の不可欠性を実感したのでした。
 
 ちなみに結構残ったマー油は瓶に入れて冷蔵庫に保存することに。 冷やしている間に分離するので、使うときはよくかき混ぜる必要がありますね。
 作る前から限られるだろうなと思った使い道ですが、チャーハンなどに入れても美味しいだろうなと思いました。ただし食べるとニンニク臭くなるので、ご利用は計画的にといったところですかね。


 というわけで、かなり手間のかかったちょい足しでしたが、予想を上回って マー油の可能性を再確認することができました。これで突発的な「ラーメン食いてぇな病」も怖くない!

 すり鉢でごりごりやるのに多少時間かかりますが、それ以外は難しいことは何もしていないので、日頃インスタントラーメンを良く食べる方には、アレンジの一つとしてぜひおすすめしますよ。
 これからも貧乏ちょい足し系は思いつくまま書いていきたいと思います。
 以上、aokiでした。

 






                       お粗末!  


0 件のコメント :